20歳で”ブンデス最高クラス”のサイドバック 急成長遂げる快速選手とは

ドルトムントのハキミ photo/Getty Images

攻撃力に高い評価

現在ブンデスリーガ最高のサイドバックといえば、バイエルンのジョシュア・キミッヒやダビド・アラバが候補者となるのだろう。しかし、昨夏レアル・マドリードからレンタルでやってきた20歳のアクラフ・ハキミを忘れてはならない。

モロッコ代表としてロシアワールドカップも戦ったハキミは、昨季ブンデスリーガで抜群の働きを見せた。序盤こそベテランのウカシュ・ピシュチェクらの存在もあってベンチスタートだったが、リーグデビューとなった第5節のニュルンベルク戦ではいきなり得点を記録。

ブンデスリーガ公式は「すでにハキミはブンデス最高のサイドバックなのか?」と取り上げているが、ハキミはデビューから最初の3試合で平均32回のスプリント、34.6kmのトップスピードを記録している。また1試合平均のボールタッチ数も99.3回と印象的で、同サイトは攻撃の組み立てに絡む意欲があったと評価する。この数字はバイエルンのキミッヒに次ぐ数字(103.9回)だ。

チャンピオンズリーグでは4-0と快勝したアトレティコ・マドリード戦で3アシストを記録したり、右サイドバックと左サイドバックの両方をこなすなど能力の高さを存分に発揮したブンデスリーガ1年目だったと言えよう。

将来的にはレアルでポジションを確保することが期待されるが、ハキミはこのままワールドクラスのサイドバックへと進化を遂げられるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ