ポグバの後釜になった可能性も? オファー待たなかったベルギーの若きMF

レスター行きを決めたティーレマンス photo/Getty Images

代理人はオファーを待っていたとも

マンチェスター・ユナイテッドではMFポール・ポグバに移籍の噂が続いており、レアル・マドリード行きかユヴェントス復帰の可能性が騒がれている。では、ポグバを失った場合にマンUは誰を狙うのか。

英『sky SPORTS』によると、ポグバ移籍が完了するのを待っていた人物がいる。ベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスの代理人だ。ティーレマンスは8日にレスター・シティへの完全移籍が発表され、レスターはクラブ史上最高額の4000万ポンドを獲得に費やしたとされている。22歳のティーレマンスは若い頃よりベルギーサッカー界の将来を背負うと期待されていた選手だ。

同メディアによれば、ティーレマンスの代理人はマンUがポグバを売却した際にこちらへオファーを出してくると考えていたという。今夏の移籍市場終盤に動きがあるとの考えがあったようだが、ティーレマンスは待てなかった。

ティーレマンスはレスター移籍が決まった際に「再びこのクラブでスタートするのが待ちきれない。僕はこのチームには何かを達成するだけのタレントが揃っていると信じている。その一員になることに興奮している」と喜びのコメントを残している。

ティーレマンスは今年の1月からレスターにレンタル移籍しており、そのまま新シーズンもレスターでプレイしたいとの思いが強かったのだろう。ティーレマンスは将来性のある興味深い選手だが、マンUが獲得できなかった日を悔やむ時はくるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ