未来の”世界最高MF”も? アーセナルでトレイラの後釜候補になり得る4名

ザルツブルクのショボスライ photo/Getty Images

トレイラにはイタリア復帰案

サポーターからパトリック・ヴィエラと比較されるなど、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラは充実のアーセナル1年目を過ごしていたはずだった。ところが最近はイタリア復帰案が浮上しており、ミランが強い関心を示している。

では、仮にアーセナルがトレイラを失った場合は後釜に誰を据えるのだろうか。英『TalkSport』が候補者を数名リストアップしている。

1.バンジャマン・ブリジョー(レンヌ/25歳)



この名前を記憶しているアーセナルサポーターもいるだろう。ブリジョーは2018-19シーズンのヨーロッパリーグ・ベスト16の1stレグで、アーセナルから得点を奪っている選手だからだ。25歳のブリジョーにはマンチェスター・ユナイテッド、リヴァプールといったクラブも興味を示しているようで、評価はなかなかに高い。

2.ダニ・セバージョス(レアル・マドリード/22歳)



こちらはトレイラと少しタイプが異なる。セバージョスはより高い位置で輝きを放つ選手で、そのテクニックは現在行われているU-21欧州選手権でも存分に発揮されている。トレイラ、あるいはユヴェントスへ向かったアーロン・ラムジーの後継者となり得る存在で、同メディアはアウトサイダーとしながらもアーセナルを獲得候補に含めている。

3.クリストファー・ヌクンク(パリ・サンジェルマン/21歳)



アーセナルを指揮するウナイ・エメリは古巣パリ・サンジェルマンからの選手引き抜きを検討しており、ヌクンクは今年1月にもアーセナルにレンタル移籍する案が浮上していた。パリ・サンジェルマン側は1350万ポンドを求めているようで、アーセナルならば狙える金額だ。ワイドな位置でもプレイできるタイプで、エメリがヌクンクの特長を把握しているのは強みとなるだろう。

4.ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク/18歳)



最後の1人はかなり若い。186cmのサイズを誇るショボスライはすでにハンガリーでA代表デビューを果たしており、ザルツブルクのアシスタントコーチを務めるレネ・マリッチが世界最高のセントラルMFになるポテンシャルを備えると絶賛する選手だ。

獲得には1500万ポンドほどが必要とされているようで、こちらも十分に狙える金額だ。プレミアリーグで即戦力となるのは難しいだろうが、将来性を考えての獲得も面白い。今人気が上昇している有望株だ。


トレイラの評価はかなり高かったが、その穴を埋められる選手はいるのか。退団となれば、代役探しは難しいミッションとなりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ