チェルシーで誰とプレイするのが楽しみ? プリシッチが選んだのは

今季まではドルトムントでプレイを続けるプリシッチphoto/Getty Images

ハードワーカーを真っ先に挙げる

今季プレミアを3位でフィニッシュしたチェルシー。シーズン途中、マウリツィオ・サッリ監督に批判が集中したこともあったが最終的にはトップ4を確保。なんとか来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得している。

しかし、来季以降のチーム作りには暗雲が立ち込めている。チームの主力であるFWエデン・アザールとMFウィリアンに移籍の可能性が浮上。さらにはFIFAから今後2回の移籍市場における補強禁止処分を受けることがほぼ確定となった。戦力を上積みするどころか維持すら危うい状況だ。

そんな中、数少ない新戦力としてやってくるのがFWクリスティアン・プリシッチ。彼は今冬完全移籍でチェルシーに加入した直後、再び元所属のドルトムントにレンタル移籍した。ウイングが主戦場の選手ということもあり、アザールの後継者として期待されているプリシッチ。来季はいよいよチェルシーでプレイすることになるが、加入に先立って共闘することが楽しみな選手をクラブの公式インタビューで挙げている。

「カンテと一緒にプレイできることにとても興奮しているよ。選手として彼が大好きなんだ。最終ラインについても同じさ。ダビド・ルイス、アントニオ・リュディガー、その他も選手もそうだ。みんなとってもクールだと思う」

最もプリシッチの心をつかんでいたのはMFエンゴロ・カンテだったようだ。FWの名前が挙がらなかったのは去就不透明な選手が多いからなのだろうか。

この後プリシッチはイングランドで再びプレイできることについて「ワクワクしているよ。長い間待っていた。プレミアリーグでプレイすることが夢の1つだったんだよ」とも語った。アメリカ生まれでドルトムント下部組織出身のプリシッチだが、幼少期にはイングランドでの生活も経験。7歳の時にブラックリー・タウンの下部組織に所属していたという。

今回は意外な過去も語ったプリシッチ。彼は来季チェルシーの救世主となれるのか。切れ味抜群のドリブルでチームの主役となってほしいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ