ビラス・ボアスの神戸行きある? ポルトガル紙「可能性は排除できない」

ビッグクラブを指揮してきたビラス・ボアス  photo/Getty Images

大物指揮官の招聘は実現するか

今月17日にファン・マヌエル・リージョ前監督との契約を解除したヴィッセル神戸は、吉田孝行監督が復帰。ひとまずは吉田体制でシーズンを戦っていくことになる。

しかし、アンドレス・イニエスタやルーカス・ポドルスキらJ屈指のスター軍団となっている神戸は指揮官にもワールドクラスの人物を置こうと考えているはず。リージョとの契約解除が報じられたあと、すぐにチェルシーやトッテナムでの指揮官経験があるアンドレ・ビラス・ボアス就任の噂が浮上した。

ビラス・ボアスは2017年11月まで中国の上海上港を指揮していた経験もあり、アジアのサッカーも理解している。その際には浦和レッズのサッカーを称賛するなど、Jリーグのクラブにも興味を示していた。

この話題についてポルトガル『O JOGO』は、「ポルトガル人監督ビラス・ボアスがJリーグ行きの夢を隠したことはない。神戸はまだ正式にビラス・ボアスとコンタクトを取っていないが、彼が日本での仕事が夢と口にしてきただけに、可能性は排除できない」と伝え、Jリーグ行きの可能性を捨てていない。

ダビド・ビジャ、イニエスタ、ポドルスキらを1つにまとめるには欧州でも経験を積んでいる指揮官の方がいいかもしれない。ビラス・ボアスが神戸にやってくるとなれば大ニュースとなりそうだが、実現はあるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ