「モウリーニョ呼び戻せ!」 まさかの大敗で崩れ始めるスールシャール神話

マンUを指揮するスールシャール photo/Getty Images

勢いに陰り

リーグ戦では連勝を重ね、チャンピオンズリーグではベスト16でパリ・サンジェルマン相手に奇跡の逆転劇。マンチェスター・ユナイテッド指揮官オーレ・グンナー・スールシャールは救世主のように扱われてきた。しかし、その評価が揺らぎ始めている。

チャンピオンズリーグのベスト8では格上とはいえバルセロナに完敗。FA杯準決勝では今季何かとサプライズを起こしているウォルバーハンプトンに1-2で敗れてしまった。極め付けは21日のエヴァートン戦で、0-4と大差で敗れてしまったのだ。スールシャールの下でチーム状態が回復したかに思われていただけに、この結果にサポーターも落胆している。

英『Daily Star』がSNS上でのサポーターの意見をまとめているが、その中でも興味深いのはジョゼ・モウリーニョ前指揮官を呼び戻せとの意見だ。モウリーニョ体制3年目としてスタートした今季前半戦は散々な結果だったが、それでもモウリーニョを呼び戻せとの意見が出るほどエヴァートン戦の内容は悪かった。

「モウリーニョは戻せないのか?」

「ユナイテッドはスールシャールをクビにしてモウリーニョを呼び戻し、5億ポンドでも渡すべき」

「モウリーニョが恋しいな」

マンUは次節マンチェスター・シティとのダービーマッチが控えている。幸い今節はトッテナム、アーセナルらトップ4を争うライバルも揃って敗れており、まだマンUにもトップ4フィニッシュのチャンスは残されている。次節のダービーに勝利すればスールシャールの評価は再び変わるはずだが、この大一番で勝ち点3を奪えるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ