サラーの超絶ゴールより“目の前の夕食”に興味? 元プレミアの名GKが珍行動[映像アリ]

ニューカッスルやマンC、及びストークなどでプレイしたギブン氏 photo/Getty Images

なぜこのタイミングで食事を?

かつてプレミアリーグのニューカッスルやマンチェスター・シティに在籍し、アイルランド代表の正GKとして名を馳せたシェイ・ギブン氏のある振る舞いが話題となっている。

ギブン氏は元アーセナルFWのイアン・ライト氏やかつてレアル・マドリードに在籍したスティーブ・マクマナマン氏と共に、現地時間14日に行われたリヴァプール対チェルシー(プレミアリーグ第34節)の中継にコメンテーターとして出演。後半8分にリヴァプールのFWモハメド・サラーが強烈なミドルシュートを突き刺すと、大手テレビ局『STAR SPORTS』の中継映像がスタジオで戦況を見守る3人の姿へスイッチング。この映像にはサラーのスーパーゴールに驚くライト氏やマクマナマン氏を尻目に、黙々とチキンを食すギブン氏の姿が映し出されていた。

この模様は英『Daily Mail』などの大手メディアによってたちまち伝えられたほか、アイルランドメディア『IRISH Mirror』は「彼は(サラーの)見事なゴールより夕食に興味を持った」という小見出しを打ち、中継の最中に食事をとっていたギブン氏をネタにしている。サラーのスーパーゴールを顔色ひとつ変えずに見届けたギブン氏だが、彼をも驚かせるゴールが今後生まれるのだろうか。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ