ロナウド、ベイルよりも上! CL最高の”オーバーヘッド弾”に選ばれたのは[映像アリ]

シュートを放つクラウチ photo/Getty Images

2mの体が宙を舞う

昨季のチャンピオンズリーグ準々決勝ではレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントス戦でオーバーヘッドシュートを決め、同じシーズンの決勝ではリヴァプール相手にレアル・マドリードFWガレス・ベイルが見事なオーバーヘッドで得点。

その前のシーズンの決勝ではユヴェントスFWマリオ・マンジュキッチがレアル戦でアクロバティックなシュートを決めるなど、近年のチャンピオンズリーグでは鳥肌もののスーパーゴールが多く生まれている。

そこでUEFAはTwitterでアンケートを実施。チャンピオンズリーグで生まれたアクロバティックシュートの中で、どれが最も美しいかを問いかけたのだ。上記3つのシュートも候補に入っているのだが、最も票を集めたのは別のアクロバティックシュートだった。

投票の結果、1位に選ばれたのは2006年にリヴァプールFWピーター・クラウチがガラタサライ戦で決めたゴールだった。どれが1番難しいシュートかは決められないが、クラウチのシュートは他の3つに比べるとシュートスピードが速い。GKが反応するのは不可能だろう。

2mものサイズを誇るクラウチだからこその美しさもあり、今回は54%の票を集めている。2位はロナウドのオーバーヘッドで26%、3位はベイルで15%、4位はマンジュキッチで5%となっている。






記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ