マンU、来季もスールシャール監督が続投! クラブ側が公表

昨年12月に就任して以降、抜群の戦績を収めているスールシャール監督 photo/Getty Images

新たに3年契約を結ぶ

マンチェスター・ユナイテッドは現地時間28日、今季限りの契約と複数のメディアで伝えられていたオーレ・グンナー・スールシャール現監督が、来季以降も同クラブを率いると発表した。なお、新たに3年契約を結んだことがマンチェスター・ユナイテッドの公式ホームページで伝えられている。

スールシャール監督は同ホームページを通じ、来季以降も同クラブの指揮を執れることへの喜びを語っている。

「就任初日から、この特別なクラブが自分の家のように感じられた。マンチェスター・ユナイテッドの選手になれたこと、指導者としてのキャリアをここで始められたことは私にとって喜びだった。この数ヶ月でファンタスティックな経験をさせてもらったよ。コーチ、選手、スタッフの全員に感謝したい。この仕事はいつも私が夢見てきたものだ。このクラブを長期にわたって率い、素晴らしいファンのために継続的な成功をもたらせるチャンスを得ることができ、とてもうれしく思っている」

ジョゼ・モウリーニョ前監督の解任に伴い、昨年12月に現役時代を過ごしたマンチェスター・ユナイテッドに指揮官として戻ってきたスールシャール監督。就任以降のプレミアリーグ13試合で10勝2分け1敗と抜群の戦績を収めているほか、今季のUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16では強豪パリ・サンジェルマンを2ndレグでの大逆転劇の末に下すなど、卓越した手腕を発揮している。来季のチャンピオンズリーグ出場圏内(プレミアリーグ4位以内)を狙える位置まで古巣を立て直した同監督だが、名将アレックス・ファーガソンが勇退して以降低迷を続ける同クラブの救世主となれるだろうか。




記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ