代表チーム版!”世界最強CBコンビ”TOP10 1位に選ばれたのは……

オランダ代表のコンビ photo/Getty Images

W杯に出場できなかった国から

ロシアワールドカップを制覇したフランス代表ではレアル・マドリードDFラファエル・ヴァラン、バルセロナDFサミュエル・ウムティテイの2人がセンターバックでコンビを組み、チームの優勝に大きく貢献した。高さ、1対1の強さも申し分なく、やはりビッグトーナメントを制するには強力なセンターバックコンビが欠かせない。

では、現在世界最強のセンターバックコンビを抱えている代表チームはどこなのだろうか。英『Squawka』がランキングを作成している。

10位:ペペ&ルベン・ディアス(ポルトガル代表)

9位:ダビンソン・サンチェス&ジェリー・ミナ(コロンビア代表)

8位:ヨナタン・ター&ニクラス・ズーレ(ドイツ代表)

7位:マルキーニョス&ミランダ(ブラジル代表)

6位:サリフ・サネ&カリドゥ・クリバリ(セネガル代表)

まず10位から6位はこうなった。興味深いのは日本代表がロシアワールドカップで戦ったコロンビア、セネガルの2チームがランクインしていることか。コロンビアはサンチェスとオスカル・ムリージョがセンターバックでコンビを組んでいたため、ミナとは対戦していない。とはいえ強力なセンターバックを抱える両チームから2点ずつ奪ったのは誇っていいだろう。

8位のドイツはまだコンビが固まったわけではないが、タレントは揃っている。チェルシーのアントニオ・リュディガーもリーダー候補の1人だが、今回同メディアは若い2人をプッシュしている。

5位:トビー・アルデルヴァイレルト&ヤン・ヴェルトンゲン(ベルギー代表)

4位:ラファエル・ヴァラン&サミュエル・ウムティティ(フランス代表)

3位:レオナルド・ボヌッチ&ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア代表)

2位:ホセ・マリア・ヒメネス&ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ代表)

1位:フィルジル・ファン・ダイク&マタイス・デ・リフト(オランダ代表)


今回のランキングに納得できないサッカーファンもいるだろう。イタリアのボヌッチ、キエッリーニはユヴェントスでもコンビを組むが、キエッリーニもさすがに大ベテランだ。今世界トップ3に入るコンビなのかは疑問もある。2位のウルグアイ代表コンビもお馴染みだが、2位とはかなり評価が高い。ゴディンも33歳を迎え、アトレティコ・マドリードでも以前ほどの存在感はない。

ただ、1位のコンビには納得できるのではないか。リヴァプールのファン・ダイクは今や世界最高のセンターバックの1人とも言われ、その能力に疑問を持つ者はほとんどいない。相棒のデ・リフトは19歳と若いが、アヤックスではディフェンスリーダーとしてチャンピオンズリーグ・ベスト8入りに貢献。ビッグクラブ移籍は目前だ。

何よりこの2人はネーションズリーグでフランス代表、ドイツ代表をも撃破している。それも無失点で相手をシャットアウトしており、実績も十分だ。EURO2020制覇を目指す欧州勢の中において最強のセンターバックコンビと言ってもいいはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ