CLベスト8は最高の抽選結果? 優勝候補がベスト4に勢揃いする可能性も

バルセロナはマンUと対戦 photo/Getty Images

優勝候補同士の潰し合いはなく

15日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝の抽選会は、なかなか理想的な結果になったと言えるのではないか。優勝候補とも言われるバルセロナ、ユヴェントス、マンチェスター・シティ、リヴァプールの間で潰し合いは行われず、ベスト4の顔ぶれが楽しみになる抽選結果となった。

スペイン『MARCA』も、バルセロナにとってはパーフェクトなドローだったと振り返っている。バルセロナはマンチェスター・ユナイテッドとの対戦だが、実力的にはバルセロナが上と見ていいだろう。今のマンUはミラクルを起こす力を持っているが、バルセロナが油断せずに180分間を戦えば問題なく勝ちあがれるはずだ。

その他の対戦はマンチェスター・シティがトッテナムと、ユヴェントスはレアル・マドリードを撃破してきた若手軍団アヤックス、リヴァプールはFCポルトだ。

同メディアはそれぞれのカードでどこが勝ち上がってくるかアンケートを取っているのだが、この結果もはっきりしている。マンU対バルセロナは74%がバルセロナ勝ち抜けを予想、ユヴェントス対アヤックスは71%がユヴェントス、マンC対トッテナムは84%がマンC、リヴァプール対ポルトは87%がリヴァプール勝ち抜けに票を入れている。

もちろんどのカードもサプライズが起こる可能性はあるものの、ひとまず優勝候補同士の潰し合いは避けられた。アンケートの結果も偏っており、すでにベスト4の顔ぶれを想像している人も多いだろう。ベスト4に優勝候補がズラリと揃う可能性もあり、決勝でユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドVSバルセロナのメッシが実現するかもしれない。アンケートの結果通りに進むかは分からないが、今回の抽選結果はバランスが良かったと言えるのではないか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ