アーセナル優勝への道 英紙が指摘するエメリが改善すべき”4つ”のこと

アーセナルのエメリ photo/Getty Images

まずまずのスタートだが……

ウナイ・エメリの下でスタートを切った今季のアーセナルは、現在4位と悪くない位置につけている。トップ4フィニッシュは十分狙える目標で、最初のシーズンとしては十分な戦いぶりと言えるのではないか。

ただし英『FourFourTwo』は、さらに先のステージへ進むには修正すべきところがいくつかあると指摘している。トップ4入りだけでなく優勝を目標とするには、まだ不足しているものがあるのだ。

1.トップ6との対戦成績



ホームではトッテナムやチェルシーを撃破したり、リヴァプールと引き分けたりと、まずまずの結果を残しているが、アウェイでの成績が悪い。リヴァプールには1-5の大敗を喫し、チェルシーに2-3と敗れるなど勝ち点を落としている。優勝を狙うには、ここを改善するしかない。

2.守備の改善



これはアーセン・ヴェンゲル体制の頃からの課題だが、アーセナルはリーグ戦24試合を終えた段階で33失点もある。首位リヴァプールが23試合消化時点で13失点しか喫していないことを考えると、33失点は多すぎる。クリーンシートの数も4試合しかなく、ここの改善は急務だ。

3.サイドプレイヤーの補強



現在のアーセナルには純粋なサイドアタッカーが不足しており、ここ最近話題に上がっているインテルMFイヴァン・ペリシッチのような選手が求められている。アレックス・イウォビも突破力のある選手だが、もう1ランク上のサイドアタッカーが欲しいところだろう。

4.エジル問題の解消



エメリの中でメスト・エジルが絶対的な存在でないのは明らかだが、同メディアはアーセナルに創造性が不足していると指摘している。獲得候補に挙がるデニス・スアレスやハメス・ロドリゲスにもチャンスメイクの能力があり、そうした選手がチームに求められている。同メディアはエジルが今でも1試合平均1.8本のチャンスメイクに繋がるパスを出していると評価しているが、エメリは攻撃の質をどう高めてくるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ