[日本代表]初戦に続いて苦戦も…… 2連勝でアジア杯決勝T進出決定

自ら得たPKをきっちり決めた原口 photo/Getty Images

原口のPK弾で逃げ切る

日本代表は13日、UAEで開催されているアジアカップのグループF第2節で、FIFAランク82位のオマーン代表と対戦した。

森保一監督はこの一戦で、トルクメニスタン代表戦からスターティングメンバーを2名変更。負傷したことが伝えられていたFW大迫勇也に代えてFW北川航也を、DF槙野智章に代えてMF遠藤航を起用した。この変更に伴い、初戦でボランチを務めた冨安健洋が、本職であるセンターバックに名を連ねている。

立ち上がりから仕掛ける日本は、キックオフ直後に早くもチャンスを迎える。2分、右サイドでボールを受けた堂安律がドリブルで華麗に相手DFの股を抜き、ペナルティエリア内へ切り込むと、中央へ折り返す。これを原口が合わせるが、DFが寄せてきたこともあり、うまくミートすることができず、クロスバーに当たって惜しくもゴールとはならず。さらに、立ち上がりから積極的に相手DFの裏を狙う南野拓実が、8分に相手のミスからGKと1対1の場面を迎えるなど、立て続けに決定機を作るが、GKのファインセーブに阻まれた。

両サイドバックの長友佑都と酒井宏樹が高い位置を取るなど、人数をかけて相手陣内へ攻め込む日本だが、やはり注意すべきはボールを失った後のカウンターだ。20分にそのカウンターからオーマンにゴール前まで運ばれ、ピンチに。飛び出したGK権田修一がかわされるが、ゴールまでの角度がなかたっため、シュートは枠を外れて失点は免れた。

その後も南野や堂安がゴールを狙うが、GKの好セーブやDFの体を張った守備に苦しみ、先制点が遠い日本。しかし28分、ついに均衡を破る。南野が放ったシュートが阻止されるも、エリア内で原口がこぼれ玉を拾う。その瞬間、相手DFのタックル受け、PKをゲット。これを原口が自らゴール左に沈め、待望の先制点を奪った。日本は前半終了間際にクロスからピンチを作られるが、なんとか守りきり、1点リードしてハーフタイムを迎えている。

後半に入ると、リードしていることもあり、落ち着いた入りを見せる日本。その影響からか、前半とは一転して主に中盤で激しい攻めぎ合いが繰り広げられる。後半半ばに日本は北川に代えて武藤嘉紀を投入。一方、あとがないオマーンは前線の選手を投入し、2トップに変更する。さらに、日本はスピードがある終盤に伊東純也するが、スコアが動かないまま時間だけが過ぎていき、このまま終了のホイッスル。後半に手堅い試合運びを見せ、前半のリードをきっちりと守りきった日本が、1-0でオマーン代表を撃破した。初戦に続いて辛くも勝利した日本は、この結果により1試合残して決勝トーナメント進出を決めている。

[スコア]
オマーン代表 0-1 日本代表 

[得点者]
日本代表:原口(28)

[スターティングメンバー]
日本代表:権田、酒井、冨安、吉田、長友、遠藤、柴崎、堂安(→伊東 84)、原口、南野、北川(→武藤 57)

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ