決勝弾の原口に笑顔なし GL突破も「このままじゃ決勝Tで勝てない」

オマーン戦で決勝弾を挙げた原口 photo/Getty Images

2連勝も苦戦続く日本代表

日本代表は13日、アジアカップのグループステージ第2節でオマーン代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。この結果、トルクメニスタン代表戦から2連勝を飾った日本代表は、1試合残して決勝トーナメント進出を決めている。

しかし、この一戦でフル出場を果たし、自ら得たPKで決勝ゴールを決めた原口元気に笑顔はなかった。試合終了のホイッスルが鳴ると同時に頭を抱え、不満げな表情を見せていた同選手が試合後のインタビューに応じると、「勝ちましたし、予選は突破したんですけど、内容的には良くなかった。前半に関しては非常に良かったと思うんですけど、なかなかチャンスを決めきれず、ペースは相手に移ってしまったし、後半もなかなかペースを戻すことがで来なかった」と試合を振り返った。

さらに「このままじゃ決勝トーナメントで勝てないと思います。もう一回チームとしても、個人としても、もっと精度を上げていかなきゃいけない」と述べつつ、グループステージ最終戦となるウズベキスタン代表戦への意気込みを「1位で突破するのが僕らの目標なので、3戦目もしっかり勝ち点3を取りに、何も変わらずに、より精度を上げてプレイしたい」と明かしている。

やはりアジアでの戦いは一筋縄ではいかない。原口が述べたとおり、よりチームの精度を上げて、アジア王座を奪還することができるのか。まずはきっちりウズベキスタンを撃破し、3連勝で首位通過を決めてもらいたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ