“年間ベスト・オウンゴール”!? 予想外すぎたGKのド派手珍プレイ[映像アリ]

頭を抱えるペルッチーニ photo/Getty Images

華麗にかわそうとしすぎたか

近年のGKは寄せてきた相手をキックフェイントで華麗にかわし、味方に正確なパスを届けるテクニシャンも増えてきた。味方のバックパスをそのまま単純に蹴り返すだけでは優秀なGKとは判断されず、まるでMFかのようなテクニックが一流の証でもあるのだ。

ところが、そんな華麗な技を繰り出そうとしてとんでもないミスをしてしまった者もいる。セリエBのアスコリでプレイするGKフィリッポ・ペルッチーニだ。ミランのアカデミー出身者であるペルッチーニを悲劇が襲ったのは27日に行われたパレルモ戦だ。

味方のバックパスを受けたペルッチーニは、右足で遠くへ蹴ると見せかけて相手をかわそうと試みた。クライフターンでも決めるつもりだったのだろうか、ボールは軸足に当たってしまい、それをリカバリーしようと慌てたために左足でオウンゴールしてしまったのだ。偶然とは思えないド派手なオウンゴールだ。

もう2018年も終わろうとしているが、英『Daily Mail』は「オウンゴール・オブ・ザ・イヤー」と伝えている。パレルモの選手も反応に困ったことだろう。試合の方はセリエBで首位を走るパレルモが3-0で勝利し、アスコリにとっては悪夢の結果となってしまった。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ