レアルは新DF獲得する必要なし! 評価を急激に上げる21歳センターバック

レアルでブレイク待つハビ・サンチェス photo/Getty Images

ソラーリの下で出番増加

今季好調を維持するエスパニョールで印象的なプレイを披露していたのが、23歳のDFマリオ・エルモソだ。センターバックのエルモソは今年11月にスペインA代表デビューも果たしており、大きく評価を上げた。

そのエルモソには複数クラブが興味を示していたのだが、エルモソはレアル・マドリードの下部組織出身選手だ。当然レアルもエルモソの買い戻しを検討しており、センターバックのバックアッパー候補として注目していたのだ。

しかしスペイン『MARCA』は、「今冬にエルモソを戻す必要はない」と伝えている。ここへきて21歳のDFハビ・サンチェスが急激に評価を上げてきているからだ。サンチェスは開幕当初こそレアル・マドリード・カスティージャでプレイしていたが、サンティアゴ・ソラーリが指揮官に就任してからはトップチームに加わっている。

リーグ戦、チャンピオンズリーグでも短い時間ながら出場機会を与えられ、スペイン国王杯ベスト32のメリリャ戦では1stレグ、2ndレグともにフル出場している。カスティージャでは主将も務めていた人物で、サンチェスをバックアッパーとして信用できれば大きい。

同メディアはサンチェスのパフォーマンスによってエルモソへの関心は冷めてきたと伝えているが、エルモソ以上に若い21歳のサンチェスはトップチームで居場所を守れるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ