S・ラモスにドーピング疑惑! レアル・マドリードが緊急声明

アンチドーピング違反の疑惑がかけられたS・ラモス photo/Getty Images

独紙は「過去に2度違反」と報道

レアル・マドリードは、ドイツ紙『Der Spiegel』が報じたDFセルヒオ・ラモスのアンチドーピング違反について、公式に否定した。

『Der Spiegel』は、『football leaks』の暴露情報をもとに、ラモスが過去2回にわたり、ドーピング検査で陽性反応を出していたという記事を掲載。それによると、1回は2016-17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝、もう1回は今年4月のマラガ戦だという。

CL決勝後の検査では、ラモスには確かに陽性反応が出ていたようだ。これは、膝と肩に炎症を抑えるデキサメタゾンを注射したためだと説明され、UEFAもそれ以上追及していなかった。しかし、本来はドーピング検査前にデキサメタゾンの使用をUEFAに通知しなければならず、『Der Spiegel』は「デキサメタゾン使用は公にされておらず、書類もUEFAに存在しない」と主張していた。さらに、実際に使用されたのはデキサメタゾンではなく、同様に炎症を抑え、集中力を高める効果がある物質を含む他の薬物だったとしている。

レアル・マドリードは今回の件について、3つの声明を出している。

1.セルヒオ・ラモスはアンチドーピング規程を破ったことは決してない

2.UEFAは慣例に従い、特定の情報を要請し、世界アンチドーピング機構(WADA)及びUEFA自身の専門家による検証を終え、その事案を直ちに終了させている

3.上記の刊行物(『Der Spiegel』)によって公表されたその他の内容について、クラブは証拠不十分なことに対しては言及しない

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ