世界で最も熱いサポーター持つクラブTOP20! 鹿島を苦しめたクラブも

鹿島が戦ったペルセポリス photo/Getty Images

異様な空気漂う本拠地ばかり

サッカーはホームアドバンテージの大きい競技とされており、中には異様な空気感でアウェイチームを呑み込んでしまうスタジアムもある。その声援はホームチームにとって大きな後押しとなり、ホームで高い勝率を維持することがリーグ戦やホーム&アウェイのトーナメント戦を勝ち抜くカギとなる。

では、世界で最も熱いサポーターを持つクラブはどこなのだろうか。スペイン『MARCA』はアンケートを実施しており、欧州に限らず世界のクラブからNo.1のサポーターを決定している。

20位:ペニャロール(ウルグアイ)

19位:バレンシア(スペイン)

18位:ウィダード・カサブランカ(モロッコ)

17位:ティグレス(メキシコ)

16位:アスレティック・ビルバオ(スペイン)

15位:フェネルバフチェ(トルコ)

14位:リーベル・プレート(アルゼンチン)

13位:セビージャ(スペイン)

12位:バルセロナ(スペイン)

11位:ガラタサライ(トルコ)


20位から11位は以下の通りだ。スペイン紙の選出とあってリーガ・エスパニョーラのクラブが多く入ってきているが、南米のクラブなど独特な雰囲気を持つところも目立つ。長友佑都が所属するガラタサライも入っており、本拠地トルコ・テレコム・アリーナはいつも狂気に近い空気感が漂っている。

10位:ドルトムント(ドイツ)

9位:レアル・マドリード(スペイン)

8位:リヴァプール(イングランド)

7位:アトレティコ・マドリード(スペイン)

6位:レアル・ベティス(スペイン)

5位:ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)

4位;アル・アハリ(エジプト)

3位:ラジャ・カサブランカ(モロッコ)

2位:ペルセポリス(イラン)

1位:パルメイラス(ブラジル)

ドイツ国内でも圧倒的な熱量を見せるドルトムント、アンフィールドでの大合唱が印象的なリヴァプール、ウィダード・カサブランカに続いてモロッコからラジャ・カサブランカが選出されているのも特徴的だ。

そして先日鹿島アントラーズがアジアチャンピオンズリーグ決勝で戦ったペルセポリスが2位に入っている。10万人近くを収容できるとされる本拠地アザディ・スタジアムで鹿島の選手たちも独特の空気を感じたことだろう。

1位はブラジルのパルメイラスだ。まだ新しい本拠地アリアンツ・パルケではブラジル代表のゲームが行われることもあり、スタジアムそのものも高い評価を受けている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ