ゼニトMF、古巣の試合見たさに“わざと”レッドカード頂戴? 疑いが浮上[映像アリ]

ゼニトに在籍しているL・パレデス photo/Getty Images

危険なタックルが物議を醸す

ゼニト・サンクトペテルブルクに在籍し、アルゼンチン代表としても活躍中のMFレアンドロ・パレデスに、ある疑いが浮上した。

同選手は4日に行われたロシア・プレミアリーグ第13節(アフマト・グロズヌイ戦)の83分に、相手選手に対し危険なスライディングをお見舞い。この試合2枚目のイエローカードを貰って退場となり、11日に予定されている同リーグ第14節(CSKAモスクワ戦)への出場が不可能となった。

この不必要なタックルを不審に思ったアルゼンチンメディア『ole』は、パレデスの古巣であるボカ・ジュニアーズが、コパ・リベルタドーレス決勝で10日に宿敵リーベル・プレートと対戦することに着目。同選手がボカの本拠地で行われる10日の決勝戦(1stレグ)を現地で観戦するべく、故意に出場停止を受けたのではないかという嫌疑をかけた。

ロシア・プレミアリーグは11日の第14節終了後、インターナショナルマッチウィーク突入のため一時中断される。また、パレデスがプレイしているアルゼンチン代表は、16日と20日に同国内でメキシコ代表(2連戦)と対戦する予定だ。今月も代表に招集されたパレデスにとって、11日のリーグ戦出場停止は好都合。代表招集や出場停止を口実にアルゼンチン入りを早め、10日の“スーペルクラシコ”を現地観戦できるというのが、同メディアの見方だ。思わぬ形で疑いをかけられてしまった同選手だが、一連の報道に対し、どのような反応を示すのだろうか。




参照元:Twitter


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ