自分を棚に上げすぎ? 出場時間に不満のデパイ、監督に皮肉られる

監督からダメ出しをされたデパイ photo/Getty Images

指揮官は何を言った?

リヨンを率いるブルーノ・ジェネジオ監督が、同クラブFWメンフィス・デパイに対し苦言を呈した。

同選手は先月27日に行われたリーグ・アン第11節(アンジェ戦)でベンチスタートに。試合後のインタビューで「リスペクトされているように感じない。僕は毎試合(一定の)出番を与えられるべきだ」と述べるなど、短い出場時間に対する不満を吐露した。このコメントにジェネジオ監督が反応。デパイが度々規律違反を犯していることを引き合いに出し、同選手を皮肉った。仏『EUROSPORT』などが伝えている。

「私はメンフィスに謝りたい。君が練習に遅れてくることや、クラブが提供したものではない用具を無断で使っていることを。アンジェ戦でのウォーミングアップにも遅刻するなど、責任感が無さすぎたことについても謝罪したい。メンフィス、君はより良いキャリアを送るために、もっと謙虚になるべきだ」

思わぬ形で監督からダメ出しをされたデパイ。あまりに自分を棚に上げすぎていたことを反省し、指揮官からの信頼を取り戻すことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ