助走に28歩 ポグバの“ユニークなPK”にモウリーニョは……[映像アリ]

ポグバは忠告通りPKの蹴り方を変えるのだろうか photo/Getty Images

エヴァートン戦でPKを止められる

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、同クラブMFポール・ポグバ(フランス代表)のPKの蹴り方について言及した。

現地時間28日に行われたプレミアリーグ第10節(エヴァートン戦)の27分に、ポグバがPKのキッカーを担当。助走に長い時間をかけて相手GKジョーダン・ピックフォードを翻弄しようとしたものの、ゴール左隅を狙ったシュートは同選手のファインセーブに阻まれた。こぼれ球を自ら押し込んで事なきを得たポグバであったが、モウリーニョ監督は試合後に行われたインタビューで、同選手にPKのモーションの変更を求めた。英『The Telegraph』は「モウリーニョはPKの助走に28歩を要したポグバに警告」という見出しを掲載したうえで、同監督のコメントを伝えている。

「PKを蹴りたいという彼の意欲には好感が持てる。ただ、やり方を変える必要があるだろう。相手GKは彼の助走について熟知しているんだ。だから相手GKは、彼が蹴るまで全く動かない。彼はそのことを学ぶ必要があるよ。とはいえ、私が最も重要視しているのは、また蹴りたいという彼の意欲だ。その気持ちをも変えさせたいとは思っていない。ポグバを信じようではないか。彼はロシアW杯でそれ(信用に値する選手であること)を示したのだから」

ウサイン・ボルト氏(元陸上競技短距離選手)の100メートル走のタイムと“どちらが速いか”を比較する動画がSNS上で拡散されるなど、時間がかかりすぎるポグバのPKが話題となっている。公式戦でPKを失敗してしまった同選手だが、仲が悪いと噂されているモウリーニョ監督からの忠告に耳を傾けるのだろうか。


参照元:youtube




記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ