1点奪えば勝てる”クラブ史上最強”の守備! リヴァプールの守備が堅すぎた

強固な守備で白星重ねるリヴァプール photo/Getty Images

攻撃自慢から守備自慢へ

圧倒的な攻撃力で相手をねじ伏せることこそリヴァプールの強さだったはずだが、今季のチームは少し違う。今のリヴァプールが安定して勝ち星を重ねているのは、守備が強固だからだ。

モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの3枚が揃うリヴァプールの前線は確かに脅威だが、リーグタイトルを目指すには守備の安定感が不可欠だ。今のリヴァプールにはその安定感があり、英『Liverpool Echo』も悲願のプレミア制覇へ期待を膨らませているのだ。

何よりの驚きは、今季開幕からリヴァプールはリーグ戦で3失点しか喫していないことだ。これは首位マンチェスター・シティと同じ数字で、クリーンシートの数はすでに6試合を数える。昨季まで守備が不安定だったチームとは思えないスタートだ。

同メディアによれば、リーグ戦開幕9試合で失点が3点以下だったのはリヴァプールにとってクラブ史上初のことだという。爆発的な攻撃力が最大の武器かと思いきや、今のチームは守備の堅さが強みなのだ。

大きいのはフィルジル・ファン・ダイク、アリソン・ベッカーの加入だ。若手のジョー・ゴメスの成長も大きいが、ファン・ダイクが最終ラインを上手く束ねている。また世界トップクラスのGKであるアリソンが加わったことで、GKのイージーミスは限りなく減っている。

これを続けることができれば、リヴァプールにとって悲願のプレミア制覇も見えてくるはずだ。サラー、マネ、フィルミーノの大爆発に賭けていた昨季とは違い、今季のリヴァプールは1点奪えば勝てるチームに変わってきている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ