F・トーレス、得点時のチーム勝率は“昨夏以降”凄かった[映像アリ]

今夏に鳥栖に加入したF・トーレス photo/Getty Images

鳥栖をJ1残留に導けるか

今年7月にサガン鳥栖に加入したFWフェルナンド・トーレス。加入当初から決定機をものにできない場面も見受けられたものの、今月20日に行われたJ1リーグ第30節(ベガルタ仙台戦)ではヘディングでゴールを挙げ、チームの勝利に貢献した。

そんなトーレスには、自身のゴールに関する特筆すべきデータがある。アトレティコ・マドリードの選手として臨んだ昨夏開幕の2017-2018シーズンの公式戦7試合で得点を挙げている同選手だが、その7試合で同クラブは6勝1分けと、好成績を記録(計10得点、勝率85.7%)。また、サガン鳥栖もトーレスがゴールを挙げた公式戦3試合で全勝を収めている。昨夏より“ゴール時無敗記録”が続いている同選手だが、今後も持ち前のフリーランニングで味方からのパスを引き出し、鳥栖をJ1残留に導くゴールを挙げることができるだろうか。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ