チェルシーを優勝候補にするのはまだ早い! 心配される『2つ』のこと

リーグ戦で良いスタートを切ったチェルシー photo/Getty Images

滑り出しは快調だが

開幕から7試合で6勝1分の成績を残し、プレミアリーグ3位につけているチェルシー。指揮官マウリツィオ・サッリのフットボールはサポーターを魅了しており、今季の優勝候補の1つと言っていいかもしれない。しかし英『Football London』は、チェルシーを優勝候補に推すのはまだ早いと冷静だ。

同メディアが何より問題視しているのは、センターフォワードの質だ。ポスト役としてエデン・アザールの能力を引き出している長身FWオリヴィエ・ジルー、ジルーよりもスピードがあるFWアルバロ・モラタの2人がポジションを争っている構図だが、2人とも得点数が物足りない。

前線で体を張ってボールを保持できることから、現在のファーストチョイスはジルーと言っていい。ただし、ジルーはまだ得点を決めていない。モラタもリーグ戦では1点だ。今季はアザールが得点を量産しているが、アザールにばかり負担をかけるのは正しいやり方ではない。一部では昨季リヴァプールFWモハメド・サラーが記録したシーズン44得点に近づけるとの意見もあるが、そこまで得点数が伸びるかは未知数だ。同メディアは、センターフォワードに得点が生まれない限りチェルシーが頂点に立つのは難しいと見ている。

また、守備も評価されていない。スコアレスドローに終わったウェストハム戦でも相手のアンドリー・ヤルモレンコのヘディングシュートが外れるラッキーもあり、守備は改善していかなければならない。同メディアも運があったと伝えており、このままでは失点が増える恐れもある。

現在はマンチェスター・シティ、リヴァプールを追いかけているが、両チームとも得点を決められる選手が複数いる。マンCの場合はセルヒオ・アグエロ、ガブリエウ・ジェズスと頼れるセンターフォワードが2枚いて、昨季リーグ戦で18得点と伸びてきたラヒーム・スターリングもいる。リヴァプールの方には自慢の3トップがあり、比べてチェルシーはややアザールに頼り気味だ。守備、得点者の多さがチェルシーとの差になると同メディアは考えているようだが、サッリはこれらの問題をどう解決していくのか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ