9年間でたったの13得点? いつからマンUの”7番”は呪われたのか

マンU伝統の7番 photo/Getty Images

アレクシス・サンチェスも大苦戦

マンチェスター・ユナイテッドにとって伝統ある背番号7が、いつしか呪われた番号になってしまった。マンUの7番といえばジョージ・ベストやデイビッド・ベッカムらスーパースターがつけた番号で、マンUも実力ある選手にその番号を任せてきた。

しかしクリスティアーノ・ロナウドがクラブを去って以降、7番をつけた選手は誰1人として成功を収めていない。現在はアレクシス・サンチェスがつけているが、不調ぶりは説明する必要もないだろう。英『TalkSport』が呪われた7番を特集しているが、何とロナウドが去ってから7番をつけた選手は全員を合わせてもプレミアリーグで13ゴールしか奪っていないのだ。

まず元イングランド代表FWマイケル・オーウェンは31試合で5ゴール、一時7番をつけていたMFアントニオ・バレンシアは30試合1ゴール、現パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアは27試合3ゴール、リヨンで徐々に復活しているFWメンフィス・デパイは33試合で2ゴール、そして現在のサンチェスが17試合で2ゴールだ。

5人合わせてたったの13ゴールはあまりに寂しい数字だ。サンチェスのパフォーマンスが今後上がってくる可能性は高くないはずで、新たな失敗例となるのだろう。果たして誰が7番の誇りを取り戻してくれるのか。超がつくスーパースターでなければ難しいのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ