なぜ当時アーセナルらは動かなかった? 逃した”世界最高級DF”

当時セルティックでプレイしていたファン・ダイク photo/Getty Images

そこにあった迷い

今では世界トップレベルのセンターバックと評価されるようになったリヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイク。ファン・ダイクは2017年12月にサウサンプトンから7500万ポンドもの移籍金でリヴァプールに加入したのだが、ファン・ダイクの能力を適切に見極めることが出来ていればもっと安価で獲得できたかもしれない。

そう語るのはセルティックでアシスタントコーチを務めていたジョン・コリンズだ。ファン・ダイクは2013年から2年間セルティックに在籍し、コリンズも2014年からアシスタントコーチを務めていた。その時からプレミアリーグの複数クラブがファン・ダイクに関心を示していたというのだ。

中にはアーセナル、そしてリヴァプールといったビッグクラブも含まれていたが、当時これらのクラブはファン・ダイクの獲得を躊躇してしまったという。プレミアでも通用するのかと疑問を抱いたからだ。英『Liverpool Echo』によると、コリンズはその隙を突いて獲得に動いたサウサンプトンが賢かったと振り返っている。

「サウサンプトンへの移籍金額は1200万ポンドだ。当時イングランドのあらゆるチームが彼をチェックしていたが、彼らは疑っていた。スコットランドの選手には上手くやれても、プレミアのクラブでそれが出来るのか?とね。サウサンプトンはスマートだった。彼らは素晴らしい取引になると分かっていた。ビッグクラブが彼の獲得に動かなかったのはショックだったよ」

結局ファン・ダイクはプレミアでも通用することをサウサンプトンで証明し、リヴァプールに多額の移籍金で引き抜かれた。ビジネスに勝利したのはサウサンプトンだ。当時1200万ポンド程度で獲得できたと思うと、アーセナルやリヴァプールなどトップクラブは悔やみきれないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ