PKを蹴るまでにチョコチョコと26歩も!? ポグバの蹴り方が独特すぎる

PKを担当するポグバ photo/Getty Images

それでもやり方は変えないと自信

今季マンチェスター・ユナイテッドではMFポール・ポグバがPKを担当しているのだが、その蹴り方はかなり独特だ。助走をとってからチョコチョコとボールへ近づいて蹴るスタイルとなっていて、バーンリー戦ではGKジョー・ハートにストップされてしまった。普通にダッシュして蹴った方がいいとの意見もあるのだが、ポグバはやり方を変えるつもりはなさそうだ。

ポグバは19日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節ヤングボーイズ戦でも同様のスタイルでPKを沈めており、自分のやり方に自信がある様子。英『METRO』によれば、ポグバはPKを蹴るまでに合計26歩もチョコチョコとステップしているという。

「自分のPKに疑いはないよ。1度ミスしたのは分かっているけど、監督には今回同じミスはしないと伝えていたからね。重要なのはPKが決まったこと。僕はハッピーだよ」

ポグバはこのようにコメントしており、スタイルに問題はないと考えているようだ。ヤングボーイズ戦のPKを含めコースを相手GKに読まれがちなのは気になるところだが、ポグバが今後もマンUのPKキッカーを担当していくことになりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ