実は闇雲な駆け込み補強じゃなかった エヴァートンが貫いていた1つの”ルール”とは

リシャルリソンのゴール喜ぶエヴァートンの選手たち photo/Getty Images

アンドレ・ゴメス、ディーニュらも狙い通り

プレミアリーグの移籍市場閉幕間際に駆け込み補強をおこなったことで話題を呼んだエヴァートンだが、闇雲に選手を獲得したわけではない。駆け込み補強ながら、しっかりとチームの方針を守りながら補強を進めていたのだ。

その方針とは、25歳以下の選手を獲得するというもの。英『Liverpool Echo』によると、エヴァートンのマルセル・ブランズFDは将来性を重視した補強を心がけており、原則25歳歳以下の選手を狙う戦略の下で動いているという。

「選手のキャリアでベストな時期は25歳から32歳。我々は25歳以下の選手に投資するよう試みている」とは、ブランズFDの言葉だ。プレミアリーグのスピーディーでパワー溢れる展開に合わせるべく、25歳以下の選手を獲得。プレミアリーグの環境に慣れてきた頃にはキャリアのピークに達しているというのがエヴァートンの狙いだ。

実際今夏獲得された選手を見ても、バルセロナから獲得したDFリュカ・ディーニュ、MFアンドレ・ゴメス、シャフタール・ドネツクから獲得したMFベルナルジは25歳、バルセロナから獲得したDFジェリー・ミナが23歳、チェルシーからレンタルで獲得したDFクルト・ズマは23歳、ワトフォードから獲得したFWリシャルリソンは21歳と、クラブの方針通りだ。

同メディアによればエヴァートンのチーム平均年齢は24歳と9ヶ月となっており、今季のプレミアで2番目に若い構成になっているという。駆け込み補強で今夏の陣容を豪華にしただけでなく、2、3年先を見据えた補強となっており、今後のエヴァートンが楽しみだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ