アメリカの10代が続々とドイツへ 日韓W杯にも出場したレジェンドの息子もドルトムント入り

アメリカ代表のレジェンド・レイナ photo/Getty Images

プリシッチ級のタレントがゴロゴロ出てくるか

アメリカ代表は数年後にどんなチームになっているのだろうか。今夏もアメリカの若手に印象的な動きが目立つ。

米『ESPN』によると、アメリカ・MLSのニューヨーク・シティFCのアカデミーに所属する15歳のFWジョバンニ・レイナがドルトムントのユースチームに入ることで合意したという。レイナは16歳になる11月を待ってドイツへ向かう予定となる。

実はこのジョバンニ・レイナという選手は、元アメリカ代表のMFクラウディオ・レイナの息子なのだ。クラウディオ・レイナはアメリカサッカー界のレジェンド的存在で、A代表のキャップ数は112を数える。そのレジェンドの息子は昨季U-18、19のカテゴリーで22試合15ゴールと結果を出している。アメリカのU-15世代でトップクラスと評価されるレジェンドの息子が早くも国外挑戦へ動いているのだ。

今夏ドイツ行きを決意したのはレイナだけではない。ニューヨーク・レッドブルズに所属していた18歳のMFクリス・グロスターがハノーファーのユースチームに、同じく18歳のレアル・ソルトレイク所属FWセバスティアン・ソトもハノーファーのユースチームに移籍している。

彼らがモデルとするのはドルトムントでプレイするクリスティアン・プリシッチ、ブレーメンの18歳FWジョシュ・サージェントらだ。サージェントもすでにアメリカA代表デビューを飾っており、今後のアメリカサッカー界を担う存在と期待されている。パリ・サンジェルマンFWティモシー・ウェアを含め、アメリカの10代が徐々に欧州で存在感を放ち始めている。

アメリカはまだサッカーの強豪国と呼ぶことはできないかもしれないが、近いうちにワールドカップで上位進出を狙える陣容が完成するかもしれない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ