サッリ体制のチェルシーは4バック! ジョルジーニョも加わった英紙の予想スタメンは

チェルシーの指揮官に就任したサッリ photo/Getty Images

コンテ体制とはシステムに違い

アントニオ・コンテに代わって指揮を執るマウリツィオ・サッリはチームをどう変えてくるのだろうか。英『Daily Mirror』がさっそくサッリ体制のスタメン予想を展開している。

コンテの下では3バックを選択する機会がほとんどだったが、同メディアはサッリが[4-3-3]で戦うと見ている。ここはナポリ時代と同じだ。まずはGKだが、ここはティボ・クルトワの去就が不透明なため、同メディアは空白にしている。

最終ラインは右サイドバックにセサル・アスピリクエタ、左サイドバックにマルコス・アロンソ、センターバックはアントニオ・リュディガーとアンドレアス・クリステンセンだ。センターバックの2人には同メディアも注目しており、身体能力の高いリュディガーはローマでプレイしていた時の姿をサッリは見ている。クリステンセンはまだ若い選手だが、ボールを運ぶ能力を同メディアは評価。サッリのスタイルで重宝すると見ている。

中盤はエンゴロ・カンテ、ナポリから引き抜いた教え子のジョルジーニョ、もう1人はイングランド代表にも選ばれているルーベン・ロフタス・チークを選んでいる。昨季もレンタル先のクリスタル・パレスで好パフォーマンスを見せていたロフタス・チークにチャンスを与えるべきと同メディアは主張している。

前線は移籍の噂も絶えないウィリアンが右、左がエデン・アザール、最前線はアルバロ・モラタだ。ウィリアン、アザールの動向は予想が難しいが、どちらもチームにとって重要な選手だ。特にアザールについては、同メディアも代わりがいないと伝えている。モラタは昨季苦しんだが、もう一度チャンスが与えられる見込みだ。


予想スタメンに入っている新戦力は今のところジョルジーニョのみとなっているが、サッリはどんなチームを思い描いているのか。コンテ時代から大きくスタイルが変わると予想されるため、新シーズンのチェルシーは要注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ