イングランド代表が虫除けスプレーをかけてプレイ 日本代表も必至の対策か

チュニジア対イングランドが行われたボルゴグラード。日本代表もこのスタジアムでポーランドと相見える photo/Getty Images

映像でもわかるほどの害虫が

18日に行われたグループG・第1節で、チュニジア代表との接戦を制し、白星発進を決めたイングランド代表だが、選手たちはこの試合で害虫対策に必死だったようだ。

チュニジア対イングランドが行われたボルゴグラードでは現在、蚊やユスリカなどが大量発生。試合への影響が懸念され、事前にヘリコプターで殺虫剤を撒くなど対策を講じていた。しかし、試合が始まってみると、映像でもわかるほどの害虫が。英紙『THE Sun』によると、イングランド代表の選手たちは試合前に、虫除けスプレーを腕や顔などにふりかけてプレイしていたという。ただ、あまり効果がなかったのか、それとも効き目がないほど害虫が多すぎたのか。前半・後半の始まる前などに、手で虫を払いのける仕草を見せる選手がちらほら見受けられた。

このボルゴグラードでは、日本代表対ポーランド代表の一戦も行われる。日本代表にとっても害虫対策は必至かもしれない。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ