デ・ヨングが振り返るW杯史に残るあのハイキック事件! 「いつかビールを飲んで笑い合える」

ハイキックを見舞うデ・ヨング photo/Getty Images

X.アロンソの胸に足が直撃

2010南アフリカワールドカップ決勝のスペイン代表VSオランダ代表の一戦では、今でも多くのサッカーファンが記憶するハイキック騒動があった。

騒動の主役となったのはオランダ代表の潰し屋MFナイジェル・デ・ヨングで、デ・ヨングの振り上げた足がスペイン代表MFシャビ・アロンソの胸に直撃する事故があったのだ。しかも足の裏が完全にアロンソの胸に入っており、一発退場にふさわしい危険なプレイだった。しかし、当時主審を務めていたハワード・ウェブはデ・ヨングにイエローカードしか出さなかったのだ。

英『FourFourTwo』によると、今回デ・ヨングはロシアワールドカップ開幕が迫った中で当時のことを振り返っている。デ・ヨングは悪意がなかったことを改めて強調しており、いつかアロンソと酒でも飲みながら笑い合いたいと語っている。

「本当にボールへのチャレンジだった。アロンソが来ていることが見えていなかったんだ。彼が死角から来ていたからね。退場になることは想定していなかったよ。あくまで偶発的な事故と感じていたからね。いつの日か互いにビールを飲んで笑い合えると思う。彼は試合に勝ったし、最後に笑ったのは彼だよ」

デ・ヨングはまだ当時のことについてアロンソとは話せていないそうだが、水に流せる時がくると感じているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ