来季へ白い巨人動き出す! 今夏のレアルが獲得を狙う即戦力たち

去就が注目されるベイル photo/Getty Images

リーグタイトル奪還へ

チャンピオンズリーグを制し、大会3連覇を果たしてシーズンを終えたレアル・マドリード。しかし、大満足というわけにもいかない。リーグ戦では早々に優勝争いから離脱し、ライバルのバルセロナに大きな差をつけられてしまった。来季へ向け改善していくべきところがあるのは確かだ。

では、今夏にレアルはどのような補強を見せるのか。スペイン『MARCA』はレアルのショッピングリストと題し、今夏の動きを特集している。

まず最初に気になるのはFWガレス・ベイルの動きだ。仮にベイルが退団すれば、レアルはネイマールを含めパウロ・ディバラやエデン・アザールなどビッグネーム獲得を模索することになる。今夏1番の注目ポイントと言えよう。

その他のポジションでは、GK、右サイドバック、センターバックの3ポジションが補強対象に入っている。GKではケイロル・ナバスが奮闘しているが、レアルが目をつけているのはローマのアリソン・ベッカーだ。25歳という年齢を考えても新守護神候補にピッタリだ。

右サイドバックではレアル・ソシエダに所属する22歳のアルバロ・オドリオソラ。同クラブのユース出身者であるオドリオソラは、ロシアワールドカップを戦うスペイン代表に選ばれており、コンディションの問題を抜きにすればダニエル・カルバハルに次ぐ2番手といったところか。レアルでも同様の序列となるだろう。今季は若いアクラフ・ハキミがカルバハルのバックアッパーとして信用できず、ナチョ・フェルナンデスを回すことも多かった。サイドバックのバックアッパーは是非とも欲しい。オドリオソラ獲得には契約解除金4000万ユーロが必要となる。

最後にセンターバックだが、ここにはライバルであるアトレティコ・マドリードに所属するホセ・マリア・ヒメネスの名前が挙がっている。禁断の移籍とも言えるが、レアルにはヒメネスの契約解除金6500万ユーロを支払う考えもあるようだ。他にはインテルのミラン・シュクリニアル、ミランのアレッシオ・ロマニョーリが候補に挙がっており、6000万ユーロほどが必要との評価だ。

ベイルの後釜を除けば世界が驚くようなビッグネームはいないが、来季全てのタイトルを獲得すべく白い巨人が動き出している。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.205 2連勝のウルグアイとロシアがグループA突破
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ