引退したらプロゴルファー目指すのもアリ? ゴルフ大好きベイルが愛を語る[映像アリ]

ゴルフ好きで有名なベイル photo/Getty Images

自宅にコース作るほどのゴルフ好き

レアル・マドリードに所属するFWガレス・ベイルは、自宅にゴルフコースを作ってしまうほどのゴルフ好きとして知られている。サッカーの世界では抜群の身体能力を武器に世界トップレベルの選手へと成長したが、やはりサッカー選手になっていなければプロゴルファーになりたかったようだ。

今回ベイルはPGAツアーのインタビューに対し、プロゴルファー全員をリスペクトしているとゴルフ愛を語っており、自分がサッカー選手じゃなければゴルファーを目指す考えがあったことを明かしている。

「引退したらゴルフに?練習する時間があればやりたいけど、ゴルフがいかに難しいかを分かっているからね。プロゴルファーになりたいと言うのは簡単だけど、最も難しいスポーツの1つだ。僕は全てのプロゴルファーをリスペクトしているし、彼らは信じられないスキルを持っている。もしフットボーラーじゃなかったなら、なりたかったね」

米『ESPN』はベイルがマグカップチャレンジに挑戦する映像を紹介しているが、これを見てもかなりのゴルフ好きであることが分かってくる。プロゴルファーを目指した例としては元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコがそうだが、ベイルもサッカーを引退すれば目指す時がくるかもしれない。



記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ