「アーセナルに来てくれ」 2部降格決まったイングランド代表守護神にサポーターがラブコール

ストーク・シティのバトランド photo/Getty Images

ロシアW杯の守護神候補

5日のクリスタル・パレス戦を落としたストーク・シティは、2部降格が決定した。当然他クラブはストーク・シティの主力選手たちに目をつけており、今夏に数名の選手がチームを離れることになるのだろう。

中でも人気なのがGKジャック・バトランドだ。イングランド代表にも選出される25歳のGKは2部でプレイするレベルの選手ではなく、今夏にクラブを離れる可能性が高い。英『METRO』によれば、早くもバトランドには守護神に不安を抱えるアーセナルのサポーターがラブコールを送っているという。

アーセナルサポーターからはSNS上で、「バトランド、アーセナルに来てくれ」、「アーセナルにとってバトランドは良い補強になる」、「バトランドは将来のアーセナルNo.1だ」といった意見が挙がっており、今夏の獲得が期待されている。

アーセナルはペトル・チェフ、ダビド・オスピナの2人に不安があり、今夏に新たなGKを獲得すべきだろう。バトランドは理想的な候補者に見えるが、素早い動きを見せられるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ