FC東京、名古屋との接戦制し3連勝も…… チームへ警鐘を鳴らす新戦力MF大森

今季からFC東京でプレイする大森 photo/Getty Images

「ムダな失点」が多い?

FC東京は28日、明治安田生命J1リーグ第11節で名古屋グランパスと対戦した。ディエゴ・オリベイラの2ゴールなどで3点を奪ったホームのFC東京が、3-2で名古屋を撃破。この結果、2位のFC東京は3連勝を飾り、首位サンフレッチェ広島をきっちり追走している。

名古屋との激闘を制し、好調をキープするFC東京。しかし、今季から同クラブに加入し、ここまでチームを支えてきたMF大森晃太郎が警鐘を鳴らしている。試合後のインタビューに応じると「今は得点が取れているから良いけれど、だからといって失点をして良いわけじゃない。今日もムダな失点だったと思う。そこはチームとして反省して、修正していきたい」とコメント。クラブの公式サイトが伝えた。

そして「個人的にはいつも、チームとして求められることをやり通しつつ、自分のストロングポイントを出していこうと思っている。FWであれば、ある程度エゴイスティックにプレイをしてもいいはずだが、中盤ではまずは前と後ろとのコミュニケーションを大事にして、互いの特長を活かしていくことが大事」と述べ、さらなる飛躍を誓った。

ガンバ大阪時代の恩師でもある長谷川健太監督とともに、大森はFC東京に栄光をもたらすことができるのか。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ