ユーヴェ、伊ダービー制し7連覇へ前進 アッレグリ「スクデットへ向けて新たな一歩」

ユヴェントスの指揮官を務めるアッレグリ監督 photo/Getty Images

最後の5分間で2点奪取

ユヴェントスは28日、セリエA第35節でインテルのホームへ乗り込んだ。今季2度目のイタリアダービーは、最後の5分間で2点を奪い、逆転に成功したユヴェントスが3-2でインテルを撃破。首位をキープし、セリエA7連覇へ大きく前進した。

試合後、伊『MEDIASET PREMIUM』のインタビューに応じたユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は「勝利のために全てを出し尽くした2チームによって、素晴らしいサッカーの夜になったんじゃないかな」とコメント。ユヴェントスとインテルの両選手へ賛辞を送っている。

そして、試合を「我々は積極的にプレイし、前半を通して素晴らしいプレイができた。しかし、ロッカールームで眠ってしまったようだ。終盤には目覚めたけどね。ボックスのまわりでもっとパスを回すべきシーンで、クロスを入れ続けてしまった。インテルは良いプレイを披露したと思うよ。最終的に疲れてしましい、フィジカルがボロボロになってしまったがね」と振り返りつつ「まだ非常に困難な試合が残っているが、スクデットへ向けて新たな一歩を踏み出せたと思う」と述べた。

残り3試合となるセリエAだが、ユヴェントスはこのまま首位をキープし、7連覇を成し遂げることができるのか。5月13日に敵地ローマ戦(セリエA第37節)を控えているが、はたして。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ