ドルトムント、CL決勝を経験した“重鎮GK”の引退を発表

今季限りでの現役引退を表明したヴァイデンフェラー photo/Getty Images

引退試合は9月に開催予定

ドルトムントは23日、GKロマン・ヴァイデンフェラー(37歳/元ドイツ代表)が今季限りで現役を退くことを発表した。なお、同選手の引退試合が今年の9月7日にセッティングされ、同選手の友人で構成される“ロマン・フレンズ”と、同クラブのレジェンドが集う“BVBオールスターズ”が対戦する。

2002年より同クラブに在籍する同選手は、これまでの公式戦452試合に出場。至近距離からのシュートのみならず、ミドルシュートへの対応でも強さを見せ、2010-2011シーズンからのブンデスリーガ2連覇、並びに2012-2013シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでの決勝進出に大きく貢献した。同選手はドルトムントの公式ホームページのコメントで、同クラブでの日々を振り返っている。

「(これまでの現役生活で)多くのことを祝った一方で、多くの苦しみも味わった。僕の人生を形作ってくれたこのクラブでの日々を、一生忘れることはないだろう」

近年はロマン・ビュルキに正GKの座を譲っている同選手だが、今季中に出番がおとずれるだろうか。




記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ