レアル×ユーヴェで起きたPK騒動…… 主審の妻が脅迫される

レアル×ユーヴェで笛を吹いたオリバー主審 photo/Getty Images

個人情報も流出し警察沙汰に

1つのジャッジが、そのチームや国の勝敗、そして未来をも大きく変えてしまうかもしれない。そんな重要な役割が与えられていることもあり、決してあってはならないことだが、サッカーの試合を裁く審判たちは命の危険にさらされることもある。そして彼らの家族もまた、同様のことが言える。

11日に行われたチャンピオンズリーグの準々決勝2ndレグで、レアル・マドリードとユヴェントスが対戦。1stレグを0-3で落としたユヴェントスだが、2ndレグの90分間で3点を奪い返し、スコアを振り出しに戻して見せた。そして、残るは後半のアディショナルタイム。勝敗は延長戦へ持ち越されるかと思われたが、運命を分けたのは1つのジャッジだった。

ルーカス・バスケスがメディ・ベナティアにエリア内で倒されたことで、この試合の主審を務めていたマイケル・オリバー氏はペナルティスポットを指差し、PKのジャッジを下した。これをエースのクリスティアーノ・ロナウドが冷静に決め、レアルがCLベスト4へとコマを進めたが、試合直後からこの判定を巡って多くの論争が起きている。

ユヴェントスの選手が「あれがPKなんて信じられない」などと述べれば、レアルの選手たちは「なんで彼らが審判に抗議したのか理解できない」などと述べる。また、スペイン紙が緊急アンケートを行ったり、元リーガ・エスパニョーラの審判員が「PKを与えるほどではない」との見解を示したりするなど、様々な意見が飛び交っていた。

オリバー氏を擁護する声が多く上がった一方で、イタリアのファンを中心に批判する声も上がっている。そして、その矛先は彼の妻であるルーシー夫人にも向けられた。英『BBC』などいくつかの英メディアによると、女子サッカーなどで審判を務めるルーシー夫人のSNSに誹謗中傷コメントが殺到。中には彼女を脅迫するようなコメントもあり、携帯番号などの個人情報も流出してしまったようだ。この騒動を受けて、すでに警察が調査を進めているという。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ