リヴァプールに残る後悔 ロヴレン「シーズン最初の6、7試合で……」

CLではベスト4に進んだリヴァプール photo/Getty Images

今のパフォーマンスを維持できていれば違ったか

プレミアリーグで首位を走るマンチェスター・シティを撃破し、チャンピオンズリーグ準決勝にまで駒を進めたリヴァプール。そんな彼らに後悔があるとするなら、スタートダッシュに失敗した今季序盤戦だろう。仮に今のフォームを序盤から維持できていれば、リーグ戦でもマンCと競り合うことが可能だったかもしれない。

英『The Telegraph』によると、DFデヤン・ロヴレンもそこに後悔があると明かしている。序盤戦ではロヴレンを含め守備のミスも多く、無駄な失点を続けてしまった。ロヴレンもそれを悔やんでいるようで、今季を良い形で締めくくるためにもチャンピオンズリーグ決勝進出、そしてリーグ戦でのトップ4入りを誓っている。

「後悔はリーグ戦の最初の6、7試合だね。僕たちは引き分けが多く、シティは首位になった。怪我もあったし、運がなかったとも言えるね。シティはシーズンを通して怪我がなかった。最初から彼らについていくことができなかった。彼らはチャンピオンにふさわしいよ。だけど今は僕たちも良い状態にあるし、チャンピオンズリーグで決勝に行きたいね。そしてリーグ戦ではトップ4で終える必要があるよ」

後半戦からはフィルジル・ファン・ダイクが入ったこともあって守備が安定し、それがチャンピオンズリーグでの躍進に繋がっている。このパフォーマンスを来季開幕から披露できれば、リーグ優勝の可能性も見えてくるのではないだろうか。来季こそが勝負だ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ