UEFA会長、夏の移籍期間短縮に本腰 プレミアが先駆けか 

昨年よりUEFAの会長を務めるチェフェリン氏 photo/Getty Images

「欧州各地で動きが見られる」

UEFA(欧州サッカー連盟)の会長を務めるアレクサンデル・チェフェリン氏は6日、欧州各リーグの夏の移籍期間の短縮にむけた動きに賛同する意向を表明した。なお、シーズン開幕後にアーセナルからリヴァプールに移籍したアレックス・オックスレイド・チェンバレンのケースをふまえた同氏の見解が、伊『calciomercato』などで示されている。

「夏の移籍期間の短縮にむけた動きが欧州各地で見受けられる。(チェンバレンのケースのように)ある選手が夏の移籍市場閉幕後にリーグ開幕時と異なるクラブに在籍しているのは、決して良いことではない。移籍期間を短縮するプランに私は賛同したい」

既にプレミアリーグでは夏の移籍期限を新シーズン開幕前に設定する案が浮上しており、各クラブのチェアマンによる新制度案の是非を問う投票が行われる運びとなっている。現行の移籍期間ではシーズン開幕後も選手の出入りが起こり得るため、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)からも改革を求める声が上がっているが、新制度の導入は実現するのだろうか。プレミアリーグが先駆けとなり、欧州の各リーグで同様の動きが広まるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ