今夏大人気だった2人、モラタとルカクはどちらが上? 英メディアのアンケート結果は……

ルカクはマンU、モラタはチェルシーへ

ルカクはマンU、モラタはチェルシーへ

ベルギー代表のルカク photo/Getty Images

今夏の市場では2人のFWに大きな注目が集まった。エヴァートンFWロメル・ルカクと、レアル・マドリードFWアルバロ・モラタだ。ルカクにはマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーなどが興味を示し、モラタにはミランまで獲得に動いているといった話題もあった。最終的にはルカクがマンU、モラタがチェルシーに移籍したが、これが入れ替わってチェルシーのルカク、マンUのモラタが実現していても不思議はなかった。まさに取り合いと呼ぶにふさわしい構図だ。

ルカクは移籍金が7500万ポンド、ボーナスまで含めれば9000万ポンドまで額は上がると言われている。一方のモラタは移籍金が5800万ポンド、ボーナスまで含めると7000万ポンドと両者ともに高額だ。では、いったいどちらが良いFWなのだろうか。

ルカクはパワーに加えてスピードもあり、すでにプレミアリーグで通用する選手であることは証明済みだ。一方のモラタは少ないプレイタイムでも結果を出せる確かな決定力があり、縦への推進力も素晴らしいものがある。どちらも優秀なストライカーなのは間違いないが、英『sky SPORTS』はどちらが良い補強だったのかアンケートを取っている。

その結果、モラタが47%なのに対してルカクが53%と僅かに上回る結果となった。チェルシーも当初はルカク獲得を狙っていたが、マンUに奪われたためにモラタへターゲットを変更したところがある。今回のアンケートでは僅差ながらルカクの方が上と評価されているが、チェルシーはルカク獲得失敗を後悔することになるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ