[移籍]レアルFWモラタ、遂にチェルシー加入が決定 「ジダンにはありがとうと言いたい」

「ずっと成長し続けたい」

「ずっと成長し続けたい」

イングランド参戦が決まった photo/Getty Images

イングランドの名門チェルシーが19日、レアル・マドリードからスペイン代表FWアルバロ・モラタを獲得することで合意に達したと発表した。

マドリディスタの願いもむなしく、生え抜きのスコアラーはイングランドでの成長を選んだ。英『sky SPORTS』によれば、チェルシーがレアルの看板トリオ、BBCの4番手に甘んじていた天才スコアラーを獲得するのに要した金額は、ボーナス込みで7000万ポンド(約101億円)にも上るという。新天地での活躍が期待され、今回のビッグディールの主役でもあるモラタはスペイン『as』の取材に応じると、古巣への感謝を述べることを決して忘れはしなかった。

「僕はこれからもずっと成長し続けたいんだ。でなければ、マドリードを去るなんて決断は下さない。ジダン? 彼にはありがとうと言いたいね。それだけじゃなく、今後の彼に幸運が訪れることも願っている。もちろん僕のことをいつも応援してくれたマドリディスタにも心から感謝しているよ」

モラタは昨夏にイタリア王者ユヴェントスからレアルへ復帰し、サポーターへ成長した姿を見せたかったはずだが、十分なプレイタイムを与えられたとは言いがたい。新指揮官となるアントニオ・コンテについては「ユヴェントス時代から自分を追いかけ続け、絶大な信頼を感じる」とも語ったモラタ。いまだ24歳と若く、今後は青い姿でさらなる飛躍を見せてくれるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ