レスターの選手は大金得てたるんでる? ”鬼”のロイ・キーン「高額な金を早く渡しすぎた」

失速の原因はどこにある?

失速の原因はどこにある?

苦戦続くレスター photo/Getty Images

昨季奇跡のプレミアリーグ制覇を成し遂げたレスター・シティが、今季はまさかの残留争いに巻き込まれている。レスターの狙いとしては今夏に獲得したイスラム・スリマニやアーメド・ムサらを加えてパワーアップし、プレミアリーグである程度の地位を築いていこうとの考えがあったはずだ。

では、なぜレスターは苦戦しているのか。かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したロイ・キーン氏は、選手たちにご褒美を与えすぎたと感じている。英『Leicester Mercury』によると、同氏は主力選手の年俸を上げすぎたことが問題になっていると語り、昨季のようなハングリーさが失われてしまったことが失速の原因だと考えている。

「数か月前、我々は選手たちが新たな契約を結ぶところを見てきた。金銭面の褒美はファンタスティックだったが、それはクラブを壊すことにもなる。高額な金を早く渡しすぎ、彼らはボールから目を離した。それが大きな問題さ。危険なサインは数か月前のリーグ戦のフォームからあったし、基本的には彼らのハングリーさや激しさが失われたんだ」

エースのジェイミー・バーディやリヤド・マフレズは待遇も改善され、すっかりスーパースターの仲間入りを果たした感もある。それが泥臭さを忘れることに繋がってしまい、ボールに喰らいつく強さが失われてしまったのかもしれない。プレミアを制覇したクラブとして美しくプレイしたいのかもしれないが、レスターの選手たちはもう1度泥臭くボールに喰らいついていく必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ