クロップが警告「日程の厳しさがイングランド代表に影響する」

EURO 2016も難しいか

EURO 2016も難しいか

プレミアリーグの過密日程に苦言を呈するクロップ photo/Getty Images

ブンデスリーガが長い冬休みに入ったのに対し、プレミアリーグは逆に忙しくなる。英『デイリー・ミラー』によると、プレミアリーグの過密日程を初めて経験するリヴァプールのユルゲン・クロップは試合が多すぎると苦言を呈し、これがクラブだけでなくEURO 2016のイングランド代表にも影響すると警告している。

「イングランドでの試合数が多すぎるのは明らかだ。休憩もないし、大会も多い。これが正しいモデルと思っている人はいないだろう。イングランドには良い選手が揃っているし、ホジソンはチームを優勝に導けるだろう。しかしイングランドには休みがなく、他のチームは休んでいる。これは大きな差だよ」

これはかつてイングランド代表を率いたスヴェン・ゴラン・エリクソンも言っていたことで、休みがないことが疲労を溜めている。特にダニエル・スタリッジやジャック・ウィルシャーのように負傷の多い選手にとって大きな負担となり、クラブと代表を両立することは余計に難しくなってくるだろう。

日程面をクリアしなければイングランド代表に成功はないのか。ブンデスリーガで長く指揮を執ってきたクロップだからこそ、プレミアリーグの特異性が目につくのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ