10位サンプドリア、モンテッラ監督の就任を発表

「ここに帰って来ることが夢だった」

「ここに帰って来ることが夢だった」

昨季のフィオレンティーナではリーグ4位、ならびにヨーロッパリーグ準決勝進出に導いたモンテッラ photo/Getty Images

セリエAのサンプドリアは15日、昨季までフィオレンティーナを率いていたヴィンツェンツォ・モンテッラ監督の就任を発表した。契約は2018年6月30日までとなる。

代表ウィーク中の監督就任が発表された。12節を終えて10位のサンプドリアは今月10日にワルテル・ゼンガ監督の解任を発表していたが、その後任としてモンテッラは早くから後任候補に挙げられていた。モンテッラは昨季まで指揮しフィオレンティーナで見事なポゼッションサッカーを展開し、3シーズン連続で4位に導く好成績を収めたイタリア屈指の若手指揮官だ。

現役時代にサンプドリアでプレイした経験を持つモンテッラにとっては古巣での指揮となる。本人も就任にあたって「ここに戻ってくることが夢だった。僕はサンプドリアを愛している」と話しており、就任を喜んでいる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ