フランス紙がリーグアン前半戦“ワースト11”を発表 パリ・サンジェルマンから3選手が名を連ねる

不名誉なワースト11入りとなったクリホビアク photo/Getty Images

不名誉なワースト11入りとなったクリホビアク photo/Getty Images

絶対王者がまさかの不振

リーグ5連覇を狙うパリ・サンジェルマン(以下PSG)が首位との勝ち点差5の3位と出遅れるなど、波乱の展開をむかえているフランス・リーグアン。現在首位に立つニースの躍進などを含め、様々なサプライズが起きている同リーグだが、『L’EQUIPE』がシーズン前半戦の“ワースト11”を発表した。
<GK>
ジョフレー・ジェルドラン(モンペリエ)
<DF>
ラサナ・ディアラ(マルセイユ)、ニコラ・エンクル(リヨン)、カリム・レキク(マルセイユ)、アンリ・ベディモ(マルセイユ)
<MF>
アテム・ベンアルファ(PSG)、ジェレミー・トゥララン(ボルドー)、グジェゴシュ・クリホビアク(PSG)、レミ・カベラ(マルセイユ)
<FW>
ジェレミー・メネズ(ボルドー)、ヘセ・ロドリゲス(PSG)
王者PSGからは3選手が不名誉のワースト11入り。恩師ウナイ・エメリ監督の下で真価を発揮しきれていないクリホビアクをはじめ、先発出場が少なく、前評判を裏切っているベンアルファとヘセ・ロドリゲスが選出された。
最多の4選手が選ばれたのは日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユ。開幕6試合で8失点と、スタートダッシュ失敗の要因を作ったディフェンス陣や、攻撃の要として目されながら先発出場が9試合に留まっているカベラが選出された。
前半戦で不本意なパフォーマンスを披露してしまった11人だが、今後の巻き返しに期待したいところだ。

 

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ