ハメスこそコパ・アメリカ2024のベストプレイヤーか コロンビア2001年以来のコパ・アメリカ制覇も夢じゃない

コロンビア代表で抜群の働きを見せるハメス photo/Getty Images

間もなく33歳迎えるハメスの評価急上昇

コパ・アメリカ2024もベスト4が出揃ったが、ここまでのベストプレイヤー候補に挙げられるのがコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだ。

今月12日に33歳を迎えるハメスについては、もうピークを過ぎた選手との印象もあった。近年はエヴァートン、カタールのアル・ラーヤン、ギリシャのオリンピアコス、ブラジルのサンパウロと各地を転々とするキャリアになっていて、クラブではほとんど話題になってこなかったからだ。

しかし、コロンビア代表では今も主役だ。今大会は1ゴール5アシストを記録していて、アシスト数は大会トップだ。パラグアイ戦、ブラジル戦、パナマ戦の3試合ではMOMにも選ばれていて、まるで10年前のハメスが戻ってきたかのようだ。
コロンビアが最後にコパ・アメリカを制したのは2001年大会のことになる。スペイン『MARCA』はハメスが23年ぶりの歓喜をもたらすかもしれないと注目しており、今大会のコロンビアにはそれを狙うだけの力がある。

同メディアはハメスに関して、もう一度欧州5大リーグでもプレイできるのではないかと絶賛している。今後のキャリアがどう動くかは分からないが、コロンビアにとってハメスは今でも特別な存在であり続けている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ