事実上の決勝戦 黄金時代を率いた元スペイン監督デル・ボスケも母国を後押し「スペインは優勝候補」

黄金時代を作り上げたデル・ボスケ photo/Getty Images

自国の勝利に自信あり

元スペイン代表の監督を務めたビセンテ・デル・ボスケ氏が、ドイツ紙『Bild』にて、6日に行われるEURO準々決勝ドイツ対スペイン戦について、力強い予想を述べた。

デル・ボスケ氏は母国スペインに対し「私はスペインがお気に入りだ。スペインが勝つことは間違いない。スペインが優勝候補だ」と母国の勝利を誓い、優勝候補にも挙げた。

続けて「我々は攻撃でも守備でも優れている。この金曜日は、今大会最高の2チームが対戦し、ドイツはホームでのアドバンテージがある。失礼なことは言いたくないし、謙虚でなければならない。しかし、ドイツが攻撃面、特にムシアラを中心に良いプレイをしているとしても、全体的にはスペインの方が多くの面で優れていると私は見ている」とコメントした。
スペインが優勝できることについては、「それはスペインサッカー全体にとって素晴らしいことだ。そして忘れてはならないのは、スペインはドイツを抜いて欧州選手権で4度の優勝を果たし、単独でその記録を保持することになるということだ。新時代が始まり、ファンが喜ぶことを願っている」とコメントした。

デル・ボスケといえば、かつてスペインの黄金世代を率いた監督。2010年の南アフリカワールドカップ、2012年のEUROの2大タイトルを獲得し、当時彼が率いていたスペイン代表はまさに無敵艦隊と呼ばれるに相応しいチームであった。

今大会ハイパフォーマンスを見せるスペイン。かつてEUROを制した名将の予言通りの結果となるのか注目が集まる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ