遠藤航、南野拓実は何位に入る? クロップ・リヴァプールの《新戦力ランキングTOP36》の顔ぶれ

リヴァプールで結果を出した遠藤 photo/Getty Images

クロップ政権を支えた巧みな補強戦略

ユルゲン・クロップ体制が終わりを迎え、リヴァプールは新たにアルネ・スロットの下で戦いをスタートさせる。

クロップが指揮したリヴァプールは戦術面などはもちろん、新戦力の補強も上手く進んだ。プレミアリーグ、チャンピオンズリーグなど複数のタイトルを手にすることになり、クラブ史に残る理想的な補強もあった。

そこで『ESPN』は、クロップ体制で獲得された選手を独自にランキング化。『クロップ体制の新戦力ランキングTOP36』を作成している。
まず気になるのは、FW南野拓実とMF遠藤航だ。南野は2020年にザルツブルクから、遠藤は昨夏シュツットガルトから加わったが、今回のランキングで南野は23位、遠藤は16位にランクインしている。

南野はレギュラーポジションこそ掴めなかったが、主にカップ戦で活躍。大成功とは言えないかもしれないが、決して悪いパフォーマンスではなかった。

遠藤はもっと評価が高い。同じ中盤では怪我続きだったチアゴ・アルカンタラが19位、ブンデスリーガ時代とは別人になってしまったナビ・ケイタが26位、同時期に加入したライアン・グラフェンベルフが17位となる中、16位の遠藤に関して同メディアは次のように評価する。

「将来有望な若手を次から次へと獲得できれば良いが、時には『繋ぎ』の選手も必要だ。遠藤はそのタイプの選手で、降格寸前のシュツットガルトから加入した時点ですでに30歳だった。本来狙っていた守備的MFを獲り逃した結果だと多くの人が考えていたが、遠藤は今季3000分近くもプレイし、その価値を証明してみせた」

当初の期待度はそこまで高くなかったかもしれないが、遠藤は見事にサポーターのハートを掴んだのだ。移籍金が1600万ポンドだったことを含め、リヴァプールにとって当たりの補強だったのは間違いない。

今回のランキングTOP10は以下の通りだ。

10位:ファビーニョ

9位:アレクシス・マクアリスター

8位:ジョエル・マティプ

7位:ディオゴ・ジョタ

6位:ジョルジニオ・ワイナルドゥム

5位:アンドリュー・ロバートソン

4位:サディオ・マネ

3位:アリソン・ベッカー

2位:フィルジル・ファン・ダイク

1位:モハメド・サラー


安価な移籍金からトップクラスのレフトバックになったロバートソンも印象的で、何と言ってもTOP3は誰が1位でも不思議はないほどの大成功補強だった。彼らこそクロップ体制のベースであり、チームに多くの成功をもたらすことになった。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ